読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

glow up

All it takes is faith and trust.

glow up!

しょうもない話だけど、ちょっと聞いてよ。

熊本地震災害支援と、ふるさと納税ついて調べたよ

熊本地震被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。

 

今、都内で働く私でもできることは何かなと考えた。

募金をしなきゃいけないっていうのは分かるんだけど、

今回、被災地の自治体にふるさと納税を行うことにしたので健忘録。

 

そもそもふるさと納税とは

ふるさと納税とは? 初めての方へ | ふるさと納税サイト「さとふる」

寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知る。
寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、
寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。

他には、税金の用途を個人が選べると書いてある。

今回においていうと、漠然と"被災地支援"と募金するよりも

具体的にどう支援していくかを考えるきっかけにもなりそうだなあ。

 

いったい"いくら"から納税できるのか

2,000円以上から納税が可能。

また、2015年4月1日の税制改正により納税先が5自治体までは確定申告不要。

ぜんぶ自分で確定申告しなくちゃいけなくて大変そうだな…と思っていたけど案外簡単そう。

 

寄付した際に、申告特例申請書に必要事項を記入(ひな形あり)し

マイナンバーカードか番号通知カードと各種本人確認できるもののコピーを自治体に送れば手続き完了。

納税額によって翌年度の個人住民税から控除される仕組みらしい。

 

実質負担2,000円で自治体への援助ができて

ふるさと納税自体で自分自身が支払う額は少ないから、

他の募金団体に寄付する余裕もできそう。

 

平和なはずな日本にいるのに、複数回犯罪に遭遇する件

いやあ、あいました。

何にあったって、犯罪!しかも6回目!

 

1週間近くショックで立ち直れなかったりしたのですが、

今日は私の人生において、はじめての犯罪者に出会った子供時代の話でもしようかと思います。

 

※ちなみに、日本で犯罪に遭う確率は1%以下だったと思うので相当ひきが強いみたいです。えへへ。

 

さて、記憶に残っている中で、うぶで純だった私にはじめて

「こいつ!変態だ!」

と印象づけた犯罪者といえば露出狂。

罪名でいうと、"公然わいせつ罪"にあたるらしい。

 

悪意に満ちた大人になす術も無く…

年頃は、小学校低学年。

放課後一度帰宅し、公園の近くで友人と歩いていた最中のことです。

 

自転車に乗った30~40代の男性が、

「ねえ、道聞きたいんだけど」

と声をかけてきました。

 

私は常々学校から"不審な大人とは話さないこと"と言われていましたが、

「(道聞きたいって言っているし、無視するのは不親切にあたるよな…)」

と良心が傷み、逃げずにおじさんの話を聞くことにしました。

なお、頭ががつるっパゲだったのでこれ以降ハゲと呼ぶことにします。

 

そしてハゲは言いました。

「ここ、見たことある?」

それを受けて私は、

「(…?地図でも見せるのかなあ?)」

と思ったその時でした。

 

見せてきやがりました。男性器。

 

もう、唖然ですよ。声も出ない。

叫び声も出ないんですよ、自分が予想してなかったことに出会うと。

ほら、よく大きな声で叫びなさい、とか近くの大人に助けを、とか言われたじゃないですか。

無理無理無理無理。

目の前の、恐らく悪意に満ちた大人の男性を前にして

えも言われぬ恐怖と混乱で頭がいっぱいです。

 

そしてハゲは、固まった私たちを後に颯爽と自転車でどこかに去っていきました。

 

もう私20代で今やいい大人だけど、未だにショックだったことは覚えています。

いやまあ今見知らぬ人の下半身見せつけられても相当怯えますからね、

子ども時代の私にはさぞショックだったことでしょう。

 

大人になって思うこと

ひとりじゃ無くて良かった

もし友人といなかったら、他の事件に発展していたかもしれません。

 

混乱して大人に伝えることができなかった

当時怖かった私と友人は先生、親、警察に言えなかったのです。

何で言えなかったのかは、大人になった今分からないけどよっぽど怖くて人に話したくなかったんだと思います。

今思えば、第二の被害者が出たかもしれないのにね。

 

ロリコンはやっぱり悪だ

子ども相手にどうこうしようっていう発想が気持ち悪いです。

将来自分に子どもができたとき、外で遊ばせるのが今から不安です。

 

防犯ベルを持たそう

ランドセルに防犯ベルがついていませんでした。

今みたいに、子どもに携帯電話を持たせる時代でもありませんでした。

声が出ないなら、防犯ベルに頼ればよかったのです。

 

防犯アプリもあるよ

また、今回の件以外でもさらわれそうになったりエトセトラエトセトラな私は

SP365というアプリをiPhoneで起動して歩いています。

SP365

SP365

  • 株式会社 アトムシステム
  • Lifestyle
  • Free

イヤホンを刺した状態から、抜けた状態になるとパスコードを入力するまでアラームが鳴り止みません。

 

お父さん安心ライト

お父さん安心ライト

  • SoftBank Corp.
  • ユーティリティ
  • 無料

 Softbankからも出てるみたい。

 

もう人生ですべての分の犯罪にあった気がするので、今後は何もないと願ってます。

春は変な人が増えるのでくれぐれも気をつけてね。